ちゃんぶろ

30代OLの初めて子育て。娘(2017年生まれ)との日常と、たまに出てくる夫の小話つき。2018年、アメリカ生活開始!

アメリカの病院を受診

先日、娘ではなく私が病院を受診しました。その時のまとめです。

 

徐々に悪化していた体調

遡ること半年前・・・から体調がイマイチだったのですが、アメリカで受診するのを躊躇していました。娘の風邪をもらったのかもと思い言い聞かせていました。医療費が分からない不安もあり、病名が付くのも薬を飲むのも嫌でした。

しかし、症状が辛く、娘に絵本を読み聞かせることも辛く、できてもせいぜい1冊でした。夜間どうにも辛い日があり、(きっと更に高額になるであろう)夜間救急を受診するなんてことになる前に、日中受診しようと決断しました。

病院を受診するまで 

受診を決めたら後は予約!アメリカでは予約受診が基本、そう思い、とりあえず娘の小児科が入っている総合病院に連絡しました。しかし、電話対応した看護師さんに症状を伝えたところ、予約できるのは8月以降と言われて驚愕。今、症状で辛いのに、せめて一週間以内くらいに診て欲しいのに、8月になんてどうなっているか分かりません。専門外だったのか・・・Patient Firstを勧められました。

因みに今回、薬局で相談したり一般医薬品を購入するのではなく病院受診を決めました。この理由は、診断には専門的な検査が必要になること、アメリカの薬局で処方箋なしに購入できる医薬品では症状を抑えきれないだろうと判断したためです。誤った自己判断で適切な治療が遅れるのも嫌でした。

Patient Firstを受診

予約不要の外来専門病院で、採血やレントゲン撮影等の検査も実施しています。ホームページ上で加入保険が対象になっているか、オンライン通訳をその場で依頼・使用できるか確認してから受診しました。

混雑する時もあるようで長丁場になる覚悟し、朝、娘をプリスクールへ送り届けた後に受診しました。幸い私以外の患者さんは2人くらい。娘の小児科よりも患者さんは少なく待合室も快適でした。

受付を済ませると看護師さんによる問診、バイタルチェック。その後はスタッフステーションを囲むように配置されている個室の診察室へ通され、診察を待ちました。30分くらい待ちましたが個室で一人ゆっくり過ごせるので快適でした。全体的に落ち着いている雰囲気で、日本の救急外来のような雰囲気はありませんでした。

オンライン通訳は診察室の電話を介して行われました。およその会話はできるのですが、やはり専門用語になると不確かになり、通訳をお願いしてよかったです。50代くらいの女医さんが診察してくださり、診察は比較的ゆっくりで丁寧でした。

レシートのような処方せんで、処方薬は各薬剤毎に価格を提示され、支払い可能か確認されました(アメリカらしいのでしょうか?)。4種類処方され、合計60ドルくらいでした。

薬は外の薬局でも受け取れるようでしたが、直ぐに飲んでほしかったようで院内で出されました。幸い混雑しておらず、受診にかかった時間は1時間半くらいでした。

保険、請求金額

薬剤費用は診察時に教えてもらいましたが、その他の検査、診察にかかった費用は請求書が来るまで分かりませんし、どのくらい保険が適応されるかも分かりません。戦々恐々として請求書を待っていました。受診から約3週間後に明細、請求書が届き、合計金額は約370ドル、そのうち約330ドルは保険が適応されたため自己負担は約40ドルでした。

体調の変化

危惧していたような診断には至りませんでしたが、受診が遅れればそのような診断になった可能性もあったようです。受診後から薬を飲み始めて1日も経たず効果を実感しました。その日の夕方、絵本を何冊読んでも辛くありませんでした。それまであまり娘と遊べず、何となく緩く生活をしながら自然治癒を待っていたのですが、こんなに早く良くなるならもっと早く受診すればよかったと思いました。皆様も体調にお気をつけ下さい。

私用の絵本

家族で博物館や美術館に行くことがあるのですが、施設内のショップが大好きです。導線も良いし、オシャレな物、可愛い物が多くて、退館する前に必ず寄っています。ポストカードや文房具、マグネット、見ているだけで癒やされます。

先日、美術館のショップで見つけたのがこちら。

shop.scholastic.com

ペーパーバックで、掲載されている絵画や文字が大きく、項数が少なく、挿絵がコミカル。英語のプレッシャーが少なそうな絵本だったので試しにモネとゴッホの2冊を購入してみました。サラサラ読めて、好きな画家の歴史を知ることができました。小学生の頃、歴史漫画に熱中していたことを思い出しました。全く興味を示さなかった娘も小学生くらいになったら熱中するのでしょうか、共用できたらいいです。

今回購入した絵本は美術館価格なので、Scholasticから直接購入するより2ドル近く割高だったと後から気付きました。Scholasticの絵本は娘の通うプリスクールでも購入できるシステムがあり、時々利用しています。今度、私用にも購入したいと思いました。

 

アメリカ国内で夫の学会ついでに家族旅行

夫がアメリカ国内の学会に参加することになり、家族旅行も兼ねて行ってきました。夫だけ出張することはあっても家族で行くのは初めてでした。

 

 

学会ついでの家族旅行にした理由

夫が日本での学会に参加するため単身一時帰国していた際、娘の体調や家のトラブル等、(比較的長い期間だったからかも?)色々あり大変でした。何故このタイミングで・・・というトラブル続きでした。アメリカ国内旅行なら、一緒に行動した方がラクかも?と思いました。

また、近場の他州は車で行ったことがありますが、今回はちょっと遠く飛行機。昨年渡米した時、まだ飛行機を認識できなかった娘も認識できるようになりました。そんな娘の反応を見てみたかったのです。

そして私もたまには旅行気分に浸りたい!とりあえず家から出たいし、家事をしない日があってもいいじゃないと思い、決断しました。

 

旅行の持ち物

事前に宿泊ホテルの周辺にはTrader Joe’s やWhole Foods, Target 等、馴染みのお店があるのを確認。しかし、タイミング良く行けるとは限らないので、娘の食料品、オムツは必要量を持って行きました。トランクケース2つで行ったのですが、ほぼ娘の荷物でした。

ストローラー

・オムツ、お尻拭き

・衣類

・ブランケット(部屋が寒い時がある)

・クリブに敷くお布団(クリブだけだと硬い)

・トレジョのパン(非常食)

・HappyTot等のペースト

・小分けカップのフルーツミックス

・レンチンご飯

・日本から持参していた和光堂ビーフード1パック

・水

・おやつ用クラッカー、ドライフルーツ等

・使い捨てお皿、カトラリー(部屋で食事する時に便利)

ジップロック(おやつ、軽食等持ち歩く用)

・洗面器(シャワーヘッドが固定されていて娘を上手く洗えない)

タブレット

・歯磨きセット(ホテルアメニティがない場合が多い)

・パジャマ(同上)

・解熱剤、便秘薬等の薬

 

2歳の娘にとっての飛行機とは

離着陸時、特にぐずりもせず過ごせました。フライト時間は短く(3時間程)、軽食もなく、機内でお昼寝もしてくれて快適でした。

帰りの便が1時間ほど遅れたのですが、機内で待機している間、娘がぐずり出してしまい、タブレット動画に助けられました。

 

テルチェックイン後の確認

夫は直ぐに学会へ行ってしまったので、娘と散歩がてらホテル内を散策。自販機、電子レンジ、コンビニ(ちょっと割高)、スタバ、噴水、プール等があり、最悪外へ行かなくてもホテル内で何とかなると思いました。

 

移動手段

近距離移動のみだったのでレンタカーは借りず、UberLyftを使用。しかし、いくら日中の近距離とは言え、夫不在で使用するのは不安で夫がいる時のみ使用しました。

2歳の娘用のチャイルドシートは持っていくのをすっかり忘れており、持っていくべきだったと思いました。

 

治安

学会会場とホテルは近く、シャトルバスが運行していました。ホテル内、周辺は学会関係者しかいないんじゃないかと言わんばかり、皆、参加証を首から提げていました。全米規模の学会を行うくらいの大きな会場なので、それなりの中心街にあり、周辺の治安は気をつけた方が良さそうだなと思いました。Uber待ちで突然声を掛けられ、金銭を要求された時には硬直しました。怖かったです

 

学会と観光の折り合い

夫は主に朝(7時過ぎ〜9時過ぎ)と午後(1時〜4時頃)、学会に参加。午前中〜ランチ、夕方は観光に当てました。周辺の観光地も学会参加者やそのご家族が多く、他州から来ていたアメリカ人ママとお友達になりました。どの観光スポットも娘は大興奮で大はしゃぎで、ホテルへ戻るとよくお昼寝してくれて、私も休憩できました。

夫は朝から晩まで休む間も無くフル回転でさすがに申し訳なく思いました・・・。

 

食事

中食

初日にホテル内のコンビニでカットフルーツ、ヨーグルト、ホールミルク等、娘の食事になりそうな物をゲットできました。しかし二日目以降はコンビニの商品が品薄になり・・・おそらく学会関係者が多く滞在しているのと関係がありそうでした。

朝食は持参したパンや、これら購入した物。スタバのハムチーズクロワッサンを気に入った様子でよく食べていました。電子レンジでご飯、和光堂を温めた物もよく食べていました。パン食が続くとご飯が食べたくなるようです。

外食

娘のお昼寝時間に、夕食によさそうなお店を調べました。ただ、初めてのお店で、味付けやボリューム感、娘が食べてくれるか・・・難しかったです。

 

振り返り

・ スーパーへ行くよりも観光したいという気持ちが勝り、スーパーには一度も行きませんでした。4泊5日と少し長いかなと思いましたが、詰め込みすぎない観光だったので、これならアメリカ国内旅行も学会付き添いも大丈夫そうです。

・ 持ち物はどれも有用でした。一度娘がお漏らしをしてしまいパジャマが汚れてしまいました。しかもホテル内、周辺にランドリーがない・・・。衣類の替えは1組のみ、しかもパジャマの替えは持っていませんでした。お漏らしは滅多にしないので油断していました。

・ 住み慣れた場所ではないため、治安に関する情報収集や無理のない行動が大切だと思いました。

・ 旅行と家の両方の良さを再認識できました。日本と比べたら不便の多いアメリカ生活ですが、それでも帰宅してホッとした瞬間があり、自分でも驚きました。強いて言えば日本のような温泉があると最高です。

ワシントンD.C.の桜と、母に贈ったチューリップ

やっぱり春は気持ちいい

昨年の今頃、まだ娘がよちよち歩き始めた頃、日本の自宅近所の桜がとても綺麗でした。

当時日本でワシントンD.C.の桜が満開というニュースを見て、来年(2019年)はワシントンD.C.で桜を見られるかなと思っていました。

そして昨日、ワシントンD.C.へ行ってきました。快晴で暖かく、陽射しが暑く感じるくらい。トレンチコートを持って行きましたが、暑くて半袖で十分でした。

ウェストポトマック公園から桜並木を散歩しながらトーマス・ジェファーソン記念堂まで歩きました。娘は途中、落ちている桜の花びらをヒラヒラさせたり、抱っこを要求したり、持って行ったストローラーに乗ってくれなかったり・・・。その大変さはありましたが、おかげでゆっくり桜を堪能できました。

ポトマック川水上タクシーワシントンD.C.側からアレクサンドリアまで移動して、前回立ち寄ったジェラート屋さんで一休み・・・なんてプランは実行できませんでした。

来年はどこで桜を見ているのでしょうか。

f:id:cpoyo:20190408082048p:plain

f:id:cpoyo:20190408081923p:plain

この時季、色とりどり花々が咲き、気持ちが弾みます。

チューリップの球根の行方

昨年、母に富山のチューリップの球根を贈りました。母は実家の庭にチューリップの球根を植えてくれました。また、花好きの祖母にも球根を届けてくれ、祖母も家の庭にも植えてくれました。

cpoyo.hatenablog.jp

そのチューリップが徐々に咲いてきた!と母が知らせてくれました。様々な種類のチューリップがどのように花開くのかドキドキワクワクしていました。母、祖母もそんな気持ちで待っていてくれたら嬉しいです。

f:id:cpoyo:20190408083341p:plain

また今年も贈ろうと思います。

ワシントンD.C.近郊、アレクサンドリアを散策

先月、アレクサンドリアという古都に行ってきました。ワシントンD.C.からポトマック川を渡ったバージニア州の港町です。

アメリカ建国前の1749年にスコットランド人が造った街で、レンガ造りの建物、港に下る石畳等、普段暮らしている街とは異なる魅力的な場所でした。観光客はそれなりに多いですが、D.C.よりは少なく落ち着いた雰囲気。犬と散歩をしている人々、子ども連れも多く、治安も良さそうでした。

f:id:cpoyo:20190405230836p:plain

碁盤の目状の道、港に下る石畳が印象的。

f:id:cpoyo:20190405230511p:plain

桜の木でしょうか、先月はまだ蕾。今頃開花しているのでしょうか。

f:id:cpoyo:20190405230242p:plain

少し肌寒いけど快晴。

f:id:cpoyo:20190405231606p:plain

同じアメリカでも、住んでいる地区とは全く異なる街並み。

f:id:cpoyo:20190405231919p:plain

ジェラート屋さんが多いらしく、赤い自転車に惹かれてその一軒にふらっと立ち寄りました。

www.oldtowndolci.com

f:id:cpoyo:20190405232207p:plain

鮮やかなジェラートが魅力的で、思わず写真を撮って良いですかと聞いてしまいました。お父さんのお店を大学生くらいの息子さんが手伝っているのかなという印象でした。

f:id:cpoyo:20190405232521p:plain

ジェラートは一番、二番オススメのチョコレート、塩キャラメルのダブルを頂きました。とても美味しく、数年前イタリアで食べたジェラートを思い出しました。お腹に余裕があればもっと色々食べたかったです。店内はコーヒーの香りと午後の日ざしでとても心地よい時間でした。

f:id:cpoyo:20190405232931p:plain
レンガ組の歩道が港まで続いていました。

f:id:cpoyo:20190405233351p:plain

窓枠の装飾もあまり見かけない造りでした。

 

f:id:cpoyo:20190405233655p:plain

大きな丸い窓が印象的でした。街並みを楽しみながらたくさん歩いた一日でした。

帰りはワシントンD.C.へ戻り、SAKURAMENでラーメンを頂き、充実した一日でした。またリピートしたい散策コースです。

www.sakuramen.net

2歳になった娘の『うそ』?

最近、娘とお風呂に入りながら、その日のプリスクールでの出来事を聞くのが日課になっています。

「今日はプリスクールで何して遊んだの?」と聞いてみると、

 

「◯◯ちゃんと遊んだね」・・・プリスクールのお友達

「スライド乗ったね、シューーーって」・・・園庭で遊んだ or 公園で乗った時のこと

「バイク乗ったね」・・・クラスにある遊具

「ワンワン乗ったね、ビッビーってね」・・・休日テーマパークにて乗ったもののこと

「マミーとミッキー見たね」・・・先月のディズニーオンアイス?

 

沢山教えてくれるのですが、明らかに違うだろうな…、これは本当かな…?と思うような返答があります。

最初は戸惑い、訂正することもありました。

しかし、このくらいの年齢の子にはいわゆる嘘ではなく、本人の「好きなこと」、こうしたいと思う「願望」「思い出」が込められているようです。

他人を欺くためではないようですし、娘の「好きなこと」や「願望」、「思い出」を知ることができます。

 

スーパーの駐車場脇にて。木の根元にオオイヌノフグリを見つけて喜んでいました。

めざといなと感心。娘の世界は大人の私より随分地面に近く、敏感センサー。私とは違う、美しく輝いている世界が見えているのでしょうか。娘に引き留められなければ、さっさと車に乗っていました。

小さな春を見つけてくれました。

f:id:cpoyo:20190320000751p:plain

 

2歳になりました&アメリカで2歳健診

先日、娘が2歳の誕生日を迎えました。本当に私のお腹にいたのかなと思うくらい、大きく、たくましく、成長しています。

 

 

誕生日お祝い

前日にスポンジを焼きました。誕生日当日の朝、娘が起きてくる前にイチゴと生クリーム、スティックチョコレートでデコレーション。アンパンマンらしきケーキになりました。時間制限ありのぶっつけ本番、なかなかのプレッシャーでした。

f:id:cpoyo:20190224084123p:plain

娘は辛口コメントで「アンパンマンみたいだねアンパンマンじゃないね」と言っていました。色が白いし、アンパンマンではないのかも…正しい…。

そして実は残念ポイントがもう1つ。そう、ロウソクを立てる位置を考えておらず、何となくアンパンマンの顔を潰したくなくて、おでこ部分に立てました。クリームで滑り、スポンジ部分に刺さらりませんでした。写真は何とかロウソクが自立している瞬間です。来年はもっと上手に作れるはず。

f:id:cpoyo:20190224084455p:plain

ケーキを食べるのは初めてで、この日はケーキを食べませんでした。

翌日「冷蔵庫にアンパンマンいるかな」と言って、ようやく食べてくれました。

誕生日プレゼントはピンク色のリボン。これは娘のリクエストで「ピンクのリボンがいい」と言っていたので迷いませんでした。プリスクールのお友達がリボンをしていて欲しくなったようです。リボンを髪に止め、姿見の前でうっとりしていました。

 

2歳健診

身長、体重を久しぶりに測ったのですが、いずれも母子手帳の成長曲線を少し上回っていました。アメリカの成長曲線では収まっていました。

・事前に問診票(裏表5枚分)記入

 自閉症等の疾患のスクリーニングも兼ねているようで、日本もこのような問診票があるのでしょうか。大人を真似て直線を書く、カートを押して歩く、ブロックを並べる、ボトルから物を取り出す、コップの飲み物をこぼさずに飲んでテーブルに戻す等、1歳半健診の時よりも動作に関する設問が細かく、健診前日に慌てて行いました。もう少し早く手をつけていればよかったです。

・身長、体重、頭囲測定

・鉛、貧血検査

A型肝炎ワクチン接種

・主治医との面談で質問したこと

  間食が多くて心配

  →間食(果物、乳製品、プレッツェル等)なので大丈夫。チョコレートやアイスクリームをたくさん食べるのなら控えるように言います。このくらいの年なら1日1食くらいしっかり食べられれば大丈夫。

  歯並びが気になる、歯科受診したことがない

  →見たところ歯並びに問題はなさそう。生えそろってから歯科受診でもいいが、心配なら受診してみても良い。

  2歳の予防接種はあるか

  →A型肝炎ワクチン(2回目)を今日実施する以外、季節性のインフルエンザワクチンのみ。日本脳炎等、日本特有の予防接種があるのならアメリカでは対応していないため一時帰国の際に小児科で聞いてみて。

 血液検査は毎年行うのか(1歳半健診でも実施した)

  →アメリカでは1歳、2歳の時は年1回血液検査を行い、貧血、鉛中毒の有無を確認する必要がある。

・主治医からの質問

  ・水道水を飲んでいるか

  ・牛乳を飲んでいるか

  ・授乳をしているか

  ・家でペットを飼っているか

  ・家で銃を所有しているか

  ・家に空気口はあるか(自宅で二酸化炭素中毒になり子どもが搬送されたとのこと)

  ・トイレトレーニングを始めているか

  ・プリスクールは通い始めたか、慣れたか

  (もっと聞かれたのですが忘れてしまいました)

毎回とても親切に診てくださるので1時間半かかり終了しました。オンライン通訳(テレビ電話)を利用しました。やはり専門用語になると難しく、「日本脳炎」、「鉛中毒」という単語が分かりませんでした。

 

発語

娘の話し言葉はだいぶ理解できるようになり、こちらの話もだいぶ通じているようです。

単語やプリスクールで使いそうな簡単な言葉はなるべく日本語と英語両方で教えています。日本語と英語両方で言える言葉、片方のみ言える言葉、どちらも言えないけども理解している言葉、どちらも言えないけども日本語で理解している言葉、様々です。

日本語、英語どちらを話すかは娘次第で、使い分けはよく分かりません。発音が簡単な方を話すのかと思えばそうでもないようです。とても興味深いです。

時折ちょっとした言い間違いがあり、可愛いです。

 椅子に足をぶつけた時。

「痛いの痛いの飛んでいけー」

「いたのいたのどんだけー」

と泣き叫んでいました。 

 

食欲

一段階、レベルアップしたように思います。プリスクールから帰ってきて、スティックチーズ、牛乳、みかん1つ、クラッカー5枚、卵焼き3つ。

茹で野菜等、野菜をそのまま食べるのは苦手なようで、スープや卵焼き、大好きな納豆と和えて食べています。

初見の物にはとても慎重でなかなか手が出ません。チョコレートやアイスクリームはまだ知りません。

食欲がレベルアップした影響もあるのか、以前より排便のリズムができ、スムーズになってきた印象があります。見た目で便中の未消化物が減り、日本から持ってきた便秘薬はほぼ使用せずに済んでいます。 

 

好きなもの

・音楽

・ダンス

アンパンマン

アナと雪の女王(ディズニーオンアイスで一目惚れした様子)

・粘土遊び

・クレヨンでお絵描き

・プリスクールのお友達(個人名)

 

嫌いなもの

・絵の具でお絵描き

・手が汚れること

 

新生児の頃、呼吸が止まって青白くなっていた頃が嘘のようです。毎日の忙しさで見逃している成長もありそうです。この一年、娘はどんな成長を遂げてくれるのか楽しみです。